免税価格のさらに30%〜40%引きで仕入れ

免税価格のさらに30%〜40%引きで仕入れるテクニック(1)

■ 仕入れは海外免税店をねらえ!通常でも安いブランドの宝庫・海外免税店

海外で商品を入手するなら、1円でも得したい。よほどの金持ちじゃない限り、こう思 うのは誰でも同じ。しかし、実際安く商品を提供してくれる業者など、素人は知るわけが ない。結局、デューティーフリー・ショップ(免税店)で、一般観光客に混じって免税品 を買うというのがお決まりのパターンである。

しかし、それでも日本の庶民にとっては激 安の免税店、なんせ高級時計・化粧品・酒…と、ほとんど全てが日本の半額以下で入手で きるのだから、利用するなといっても利用してしまう。

そんな免税店を利用する人が、一度は考えること、それは、ただでさえ安い免税店から、 もっと安く商品を入手できないものか、という庶民の疑問。「そんなの無理に決まってい る」と言いたいところだが、それができるのである。実際プロは、ただでさえ安い免税店 から、さらに安く商品を入手しているのである。

しかも、免税価格の30%〜40%OF Fで入手するというから驚きである。そこで今回、このリポートで、免税店からディスカ ウント価格で商品を入手するテクニック・ポイントを伝授したいと思う。

■ 免税店から商品を卸してもらうなんてことが本当にできるのか?

できるのだ。そもそも、デューティーフリー・ショップ(免税店)は、なにも政府機関 の出張所といったおかたいものではなく、れっきとした民間の営利企業なのである、だか ら、その普通のお店がディスカウントしても不思議なことはないのである。ただ、日本の 免税店は、日本のお堅い文化・風習の中で生まれた企業なので、規制が厳しく、ディスカ ウントで販売しないのが現状である。その反面、海外は比較的規制が甘く、ディスカウン トで販売されていることが多いのである。

というのも、免税店自体が民間の営利企業のため、メーカーから仕入れる場合、当然通 常の正規代理店と同様、いろいろな条件がいる、その条件の一つに、年間販売量などのノ ルマがある。

当然、正規代理店などに比べれば、少ない物もあるが、現在は「十人十色」 の時代ではなく、「十人百色」の時代である。一部の売れ筋の有名ブランドを除いては、 猫も杓子もという具合にはいかないのが現状である。そのため、たとえ免税価格といえど も、店舗販売だけでは"ノルマ"をこなしきれず、在庫を抱えているというのが現状なの である。

このような理由から、そのリスクを軽減するために、たとえ免税店といえどもディスカ ウント販売(卸売り・横流し)せぎるを得なくなっているのである。

続きはこちら⇒免税価格のさらに30%〜40%引きで仕入れるテクニック(2)

 

 

サラリーマン副業38の方法