サラリーマン副業アイディア/合法的に稼ぐ知能商法

医者から1人700万円を合法的に稼ぐ知能商法公開

■「悪医は廃業に! 名医は繁栄に!」の名文句で、あがり9億1千万円

ちょっと古い話ではあるが、昭和56年の新聞に、興味深い記事が載っていたので紹介したい。要は頭の使い方一つでお金を稼ぐことができるという話。時代の枠を超えて通用するアイデアである。

毎日新聞/S56年12月2日(社会面)より
「悪医は廃業に、名医は緊栄に!」なる名文句で、「日本名医会」という株式会社を つくった男がいる、この人は、全国医師名簿に載っている各医師に、1口700万円で "名医認定証"を発行するという内容のDMを送り、患者とのトラブルが起これば1億 2千万円まで保障するという新商売、「約1ヶ月で申し込みは既に130件」(同社)。本家本元の日本医師会は、「コメントする気にもならない」とまったく無視しているが、医者の世界に切り込んできた伏兵に、苦々しさを隠し切れない。

…以上が記事の一部であるが、この株式会社日本名医会が、全国の開業医に送付したD Mには、ご丁寧にも「名医の反対用語が悪医と取られても、日本名医会の責任では ありません」という説明まで記されていた。これは逆の見方をすれば「日本名医会に加盟し なけれぱあなたには悪医という評判が立ちますよ」と、開業医の心理を突いた見事な殺し文句である。

そうした心理をえぐる上手なコピーも、商売上のテクニックとして大いに参考にな る。このアイディアを生み出した頭脳もたいしたものだが、それ以上に驚いたことは、1人70 0万円もの大金を払って「名医認定証」を発行してもらった医者の数だ。1人や2人ならわか るが、なんと130人もいたという事実である。

あなたなら、医者のモラルをどう考えるだろうか? こういったことで、いざというと きに信頼しなければならない医者のイメージを壊したくないものだ。

日本名医会は、医師会名簿を頼りに、日本全国の医師にDMを送っただけで、実に9億 1千万円もの大金を合法的にせしめた計算になる。

このアイデアはいつでも真似できる。記事の古さは関係ない。業界の事情をよく研究し、 心理を読み取って逆利用した、典型的な知能商法と言えるだろう。

 

 

 

サラリーマン副業38の方法