タダ同然の物を数倍で売りつけるテクニック

タダ同然の物を数倍で売る極秘テクニック

それは、以外と簡単にできるチリ交(チリ紙交換)ルートの宝探しビジネスである。チ リ紙交換車で集められた古新聞・古雑誌、その他の廃品は、いわゆる建場と呼ばれる場所 に回収される。建場に集められた廃品の中で、古紙は通常、古紙間屋を経て、製紙工場へ と送られるわけだが、この建場こそ、儲かる要素のたっぷりつまった絶好の場所、宝の山 なのだ。

本来、建場には多くの古新聞・古雑誌・古本などの古紙が回収されているが、この中か ら高価な宵本や古雑誌を見つけ出すのである。どんなものを探し出せばよいのかと言うと、

●絶版になっても価値のある古本
●古典書籍と言われる貴重な文献
●新刊書の古くなった古書
●雑誌のバックナンバー
 … などがあげられる。

そうは言っても、素人が全てに通じることは難しいので、自分の わかる分野のものから徐々に探し始めて行くとよい、また、古書の情報源としては「日本 古書通信社」と「東京古書会館」がある。

こうして見つけ出した古書を古本屋や古書市に売るのである、掘り出し物などを見つけ ると、1冊数十万円で売れることもあり、うれしい儲けが期待できる、基本的にチリ紙交 換業者から古書などを買う場合は、市場価格の半値くらいで買うとよい。さらに、何件か のチリ紙交換業者(建場)と契約しておくと、かなりの儲けが期待できる。

最近はいろんな雑誌や本が氾濫しており、豊かさも加わって、何でも捨てる習慣が身に っいている、じっくり探して、ちゃっかり売る… これこそ、氾濫の時代のブックハンタ ーである。

 

 

 

サラリーマン副業38の方法